MOON EYES SUMI"PAN"という男

皆様こにゃにゃちは・・・・

今日はちょっと深い話。

b0121426_23144940.jpg


2012年 MOONEYES ILUSTRATED vol 10の一こま

これを撮影してくれたのが、noon eyes sumi氏でした。

氏に会ったのは、名古屋SPEED&CUSTOMSHOW。

シゲサン事、菅沼社長に、

『来週撮影ね~、おい、sumi行って来い』

てな感じで、突貫撮影の日程で、翌週に空港にお迎え。

現れたのは腰の低い紳士な方でした。(見た目はマスコットです(笑))

b0121426_23444317.jpg


目的地に着くやいなや、寝そべりパシャリ。

b0121426_23471757.jpg


一心不乱にパシャり。

b0121426_23475519.jpg


ハイパー登場でドロンしましたが、最後のごみ拾いも何も言わず手伝ってくれました。

生い立ちや、moon入社までの経緯を、社内で色々な話しながら、

お互い質問の鬩ぎ合い。

ただ印象的だったのが、

『どう伝えよう・・・・・』と悩んでる姿でした。

かっこいい写真や作られた写真は一杯あるし、アプリの世の中でございます。

巷の風俗でも加工しまくり、ロンリーナイト。

しかし、sumi氏はリアルと身近さと自然を伝えることを意識していました。

b0121426_23541319.jpg


疾走感のある写真のために、体は乗り出します。

車は斜めになります。

b0121426_23551735.jpg


走る車のリアゲートを開け、カメラと手は、アスファルトでついた傷ばかりです。

b0121426_23563754.jpg


この写真は違いますが・・・・・・

b0121426_23574039.jpg


sumi氏の写真にはこころがある。と思います。

伝える人。 この言葉がよく似合う。

氏は本当に腰が低く、礼儀正しく、質問がすごい。

疑問がすごい。

すべては自分が手がける紙面の構成の為。

b0121426_003591.jpg


そして自分が手がけるものが、MOON EYESを代表するものだから。

氏は自社のMOON EYESをすごく愛しています。

素晴らしい事と思います。すごいです。

自分が何をすべきか。何を伝えるべきか。すべてはMOONというフィルターで。

b0121426_051236.jpg


菅沼社長の下に集いし、素晴らしいスタッフ 。

シーンを牽引するmoonにこの人ありきです。

僕はsumi氏が大好きです。

同じ男としてすごく惹かれます。

車やバイクが好き。なによりcustomが好き。

ご飯も女も熟〇もデ〇も好き。

・・・・・・間違いなく男です・・・・・

そんな氏より連絡がありました。

『FLY WHEELSを見てくれ』

b0121426_0101563.jpg


なんと・・・・なんと・・・・・

b0121426_0111383.jpg


圧巻の30ページ。

b0121426_0122079.jpg


なんかジーンときました。

氏のストレートな気持ちや伝えたいことがよく分かりました。

b0121426_0132234.jpg


『身近さ』 

この言葉以外ありません。

customというculterのなかで片意地張らず、力まず、

自然に生まれるcustomの魅力。

そこに費やす時間や労力は見えません。

そこに男を垣間見ます。

『CAR GUY』

これこそレジェンドの呼び名ではないでしょうか・・・・


b0121426_0171520.jpg


皆さん・・・本屋でお会計を済ませて、自宅でじっくり見て欲しい。

最近では一部になったジャンルかもしれませんが、

customというカルチャーに魅了された男を垣間見れます。


最後に・・・・・・

b0121426_0211831.jpg


MOON EYES SUMI"PAN"氏

彼は生粋のCAR GUY です。
[PR]

by mhr01 | 2013-07-11 00:23 | 尊敬